名古屋市内在住の団塊世代が遺産相続問題で困ったときに役に立つ相続問題の専門家です

遺言で書けること

身分に関する事項

  • 推定相続人の廃除とその取り消し
  • 非嫡出子の認知
  • 未成年者の後見人と後見人を監督する後見監督人の指定

相続財産に関する事項

  • 相続人の指定、指定の委託
  • 遺贈や寄付行為、信託の設定による財産処分の仕方
  • 遺産分割の方法の指定、指定の委託
  • 遺産分割の禁止
  • 生命保険金受取人の指定、変更
  • 相続人の担保責任の指定
  • 特別受益の持ち戻し免除
  • 遺贈減殺方法の指定

その他の事項

  • 祭祀承継者の指定
  • 遺言執行者の指定、指定の委託

遺言書に書いていけないことはなにもありませんが、上記の事項は法的効力があり強制力があるということです。ですから上記以外のことを書いてもよいですが、実行されるとは限りません。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0120-138-506 平日 9:00~17:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 小島太行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.