名古屋市内在住の団塊世代が遺産相続問題で困ったときに役に立つ相続問題の専門家です

遺言書の有無を確認

被相続人が遺言書をのこしているかどうかは、故人との生前のコミュニケーションがものをいいます。

相続人たちがその存在を知らなくても、故人が生前から懇意にしていた行政書士や弁護士が承知しているかもしれませんので、確認してみる必要があります。

遺言書が見つかった場合はどうすればいいのでしょうか。

公正証書遺言は必要ありませんが、自筆証書遺言、秘密証書遺言では遺言書を家庭裁判所に提出して、検認をしてもらう必要があります。

遺言書の検認とは、遺言書がどのような内容で、どのような筆記用具で書かれているか、署名・押印はどうなっているか確認するもので、遺言書の偽造や変造を防ぐための証拠保全の検証手続きです。

遺言書を裁判所へ提出しなかったり、検認を受けずに遺言を執行した場合は、5万円以下の過料が課せられます。

遺言書が封印されている場合は、相続人などの立会いのうえ、家庭裁判所で開封しなければなりません。

勝手に開封した場合でも、過料が課せられます。

遺言書の有無を確認しましょう

遺言書の有無を確認しましょう

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0120-138-506 平日 9:00~17:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 小島太行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.