名古屋市内在住の団塊世代が遺産相続問題で困ったときに役に立つ相続問題の専門家です

相続財産の調査、財産目録の作成

相続財産の調査

遺産(相続財産)を調べてその目録や一覧表を作っておきます。どういう財産がどれだけあるかによって、相続するか放棄するかの判断ができますし、遺産分割の基本資料となりますので慎重に行わなければなりません。ここで言う財産には資産だけでなく負債も含まれますが被相続人その人に与えられた権利・義務。資格など一身に専属したものは除かれます。

プラスの財産

  1. 不動産
  2. 不動産上の権利(借地権、抵当権)
  3. 動産(現金、家具、自動車、書画骨董、貴金属)
  4. 有価証券(株式、社債、国債)
  5. 債権(銀行預金、貸付金、売掛金)
  6. 事業用財産(個人の事業用財産・営業権)
  7. その他の財産(特許権、ゴルフ会員権など)

財産

マイナスの財産

  1. 借金、債務(ローン・保証債務)
  2. 税金
  3. その他の負債

負債

相続されない財産

  1. 一身専属権(扶養請求権、国家資格)
  2. 使用貸借権
  3. 仏壇、位牌、墓地
  4. 香典、弔慰金、葬儀費用
  5. 人的な義務(身元保証、信用保証)
  6. 死亡退職金・遺族年金

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0120-138-506 平日 9:00~17:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 小島太行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.