名古屋市内在住の団塊世代が遺産相続問題で困ったときに役に立つ相続問題の専門家です

相続人調査

普通は、相続人がだれかは家族がお互いにわかるはずです。

しかし、被相続人に隠し子がいて認知していたとか、小さいころに養子に出された兄弟姉妹がいたということも、現実にはありうる話です。

そこで念のため被相続人の戸籍謄本か除籍謄本または改製原戸籍を取り寄せて、相続人が誰なのかを確定することが必要です。

戸籍謄本は被相続人の出生から死亡までを途切れることなくとります。

これは、戸籍の内容が結婚や転籍などで変わるためで、正しい相続人を割り出すためには、切れ目なく続いた戸籍謄本が必要になります。

*被相続人の死亡の記載のある住民票除票または戸籍の附票を取り寄せます。
*相続人の戸籍謄本、住民票、印鑑証明を取り寄せます。

chousa

相続人

相続人とは、故人の財産を引き継ぐ人のことであり、その範囲と順位が民法で定められています。これを法定相続といいます。相続人には次のような人がなります。

配偶者

配偶者は常に相続人となります。配偶者として相続権が与えられる為には、法律上の婚姻がなされていることが必要であり、内縁では相続権は発生しません。内縁の場合、相続させる為には遺言が必要です。離婚した過去の配偶者には相続権はありません。再婚した配偶者の連れ子は配偶者を代襲して相続人になることはできません。

直系卑属(子・孫)第一順位

被相続人の血族の中で第一番目に相続人となります。被相続人の子であれば、戸籍の異同、養子、嫡出・非嫡出の別は相続権の順位に変更はありません。なお養子となった人は、実の親に対しても相続人になれますから、養親と実親の双方の相続権をもちます。

直系尊属(父母・祖父母)第二順位

子供がない場合、両親等直系尊属が第二順位で相続人になります。父母のどちらかが健在ならば、祖父母まで遡ることはありません。実親・養親の区別はありません。

兄弟姉妹(第三順位)

子供も両親等直系尊属もいない場合、第三順位として兄弟姉妹が相続人になります。

代襲相続人

 被相続人より先に相続人である子が死亡したけれど孫がいる場合、兄弟姉妹は死亡しているが甥姪がいる場合、孫や甥姪は子や兄弟姉妹に代わって相続人になることができますので、これを代襲相続人とよんでいます。

  • 相続を放棄したときは、代襲相続できません。
  • 代襲できる者は、子及び兄弟姉妹であり、配偶者、親にはありません。
  • 兄弟姉妹の子には代襲相続が認められますが兄弟姉妹の孫には認められません

相続欠格

ところで、次のような人は相続人になれません。

  1. 故意に被相続人や先・同順位の相続人を殺害あるいは未遂に終わり、刑に処せれた者
  2. 被相続人が殺害されたことを知っているのに告訴告発しなかった者
  3. 詐欺・強迫により被相続人の相続に関する遺言の作成・取り消し・変更を妨げた者
  4. 詐欺・強迫により遺言を書かせたり取り消させたりした者
  5. 遺言書を偽造・変造・破棄・隠匿した者

*相続欠格事由に該当する相続人は、裁判所の決定などを要せず、自動的に相続資格を失います。

相続廃除

欠格事由がなくても、次のような場合は、家庭裁判所の手続きにより相続人の資格を失わせることができます。これを相続人の廃除といいます。

  1. 被相続人に対する虐待
  2. 被相続人に対する重大な侮辱
  3. その他著しい非行

これらの事由の有無は、被相続人あるいは遺言執行者の申し立てにより家庭裁判所が判断します。廃除の審判が下されると、戸籍に記載されます。相続開始後の審判でも、廃除の効力は被相続人の死亡の時に遡リますから相続人になれないことに変わりはありません。もっとも被相続人は、いつでも廃除の取り消しを家庭裁判所に請求することができます。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0120-138-506 平日 9:00~17:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 小島太行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.